自動車保険の申込み方法について

自動車保険を申し込む流れを紹介しています

自動車保険は申し込み方による違いが大きい

ダイレクト型に申し込む利点や注意点

自動車保険の任意保険は、自由保険でありどの保険に加入するのか選ぶか、保険会社や商品を選ぶことができます。しかしいざ申し込むとなれば、どれを選んだら良いのかはもちろん、申し込む方法でも悩むのではないでしょうか。近年ではダイレクト型自動車保険が需要を高めており、身近な存在となりました。ダイレクト型はまずインターネットで検索して、良いと感じたものに電話やネットから申し込むだけと簡単な流れで、好きな場所から好きなタイミングで利用することができるのが特徴です。ダイレクト型の場合でも、わからないことがあれば電話で問い合わせることができ、サポートしてもらえるので、初めての人でも安心です。ダイレクト型は人件費や店舗維持費が不要となる分、保険料が安い傾向にあるのも特徴となっています。ある程度大まかな保険の内容と流れは理解しておかなくてはならないので、事前にしっかり調べるようにしましょう。

従来からの申し込み方である対面型となれば、直接店舗に足を運ぶ手間はかかりますが、担当者が一から説明してくれて手続きも代行してくれるので、選んだら言われる通りに書類に記入したりと、わからない点が発生して頭を悩ませることがないというのが魅力です。ダイレクト型よりも保険料が高い傾向にありますが、保険に関してはもちろんインターネットも苦手でわからないという人は、対面型を利用しておくとより安心できるのではないでしょうか。対面型の場合には、予約しなくても足を運べばすぐに対応してもらえる場合ばかりではないので、問い合わせてから足を運ぶようにすると安心です。

準備しておかなくてはならないもの

ダイレクト型か代理店を介する対面型かを問わずに、自動車保険に加入する際には各種書類が必要となることは、頭においておく必要があります。一口に加入の申し込みといっても、見積もり時に必要なものと新規加入時に必要なもの、そして他社から乗り換える時に必要になるものなど、異なるのであらかじめ確認しておくようにしましょう。自動車保険の見積もり時には、車検証や免許証といった公的な書類はもちろん、保険会社が発行する保険証券に記載されている情報も必要になってきます。自動車保険の申込みの際には、あらかじめ準備しておかなければならない書類はいくつかあり、急には揃えられないものもあるので、早い段階から集めておくようにするべきです。申し込みをしてからすぐに保険が適応されるばかりではないので、自動車を利用する開始日に合わせることが大切です。

人気記事ランキング