建物・不動産にまつわる、似ているようで違う言葉

家作りに活かしたい、不動産や建物の似ている言葉。

建物・不動産にまつわる、似ているようで違う言葉

家を建てたり、買ったり、借りたり、リフォームしたりする時にお世話になるのが「不動産屋さん」と、「建設会社(メーカー、工務店)」。そして、見聞きするのが、住まいに関する専門用語。この専門用語の中には、難しい言葉がたくさんあります。

建蔽率?瑕疵?読むのも難しいですね。そしてよく似た言葉もたくさんあります。例えば「リフォーム」と「リノベーション」は、何が違うのでしょう?「工事監理」と「工事管理」は、どう違うのでしょう。なんとなく違いがわかるけど上手く説明できないもの、違いがわからないもの、一緒だと思っていたもの、いろいろあると思います。そんな『建物・不動産にまつわる、似ているようで違う言葉』をいくつか取り上げ、その意味や違い、由来などを調べてみたいと思います。

理想の住まいを手に入れるために、不動産用語を知り、有益な情報を逃さず掴むことは大切なことですね。そして調べれば調べるほど、『家』に対する知識が深まり、家の理想像が変わってくるかもしれません。

実際に私は今回、不動産用語を色々調べていくうちに、「こんなものがあるんだ!」、「これは面白い!」、「知らなかったら損をしていた!」と言う情報をいくつか得ました。不動産用語を知り、不動産情報を有効活用しましょう。

建物・不動産にまつわる、似ているようで違う言葉

建物に関する言葉、違いが分かりますか?

建物に関する似ている言葉にはどんなものがあるでしょうか。

不動産に関する法律用語など。違いを踏まえましょう

不動産の専門用語を知り、安心で快適、経済的な住まい。

建物・不動産にまつわる、似ているようで違う言葉建物に関する言葉、違いが分かりますか?不動産に関する法律用語など。違いを踏まえましょうサイトマップ